ハイウェイバス回数券、購入前の注意点

<スポンサーリンク>
ハイウェイバス回数券、購入前の注意点

ハイウェイバスの回数券をお得に購入する場合は、インターネット上の「各ハイウェイバス会社公式サイト」内で購入するのが良いですが、割引きプランや特別な価格帯の回数券を用意している場合も有りますので、探してみるのも楽しいと思います。

回数券は、「区間」「使用可能期間」「回数券の金額」によってバラバラですので、プランに合わせて探す必要が有ります。

 

もちろん、ハイウェイバスの回数券を取り扱っている会社によっては、「電話予約のみ」の場合も有りますので、そのハイウェイバスについて、ある程度調べる必要があります。

「電話予約」と言っても、そこまで難しい工程を踏む訳では無く、専門のオペレーターに対応して頂ける事がほとんどです。

 

ハイウェイバスの注意点

時々、お得に回数券を購入出来るサイトやオークションサイト等で格安で販売されている事も有りますが、トラブルも多いのであまりオススメは出来ません。

ある程度ハイウェイバスに乗車した経験があれば大丈夫かも知れませんが、初めてや数回程度であれば、「各回数券販売窓口」で説明を受けながら購入するのが一番だと思います。

 

また、会社によって異なりますが、「月曜・火曜・水曜・木曜」の場合は「昼・夜」共に価格が変わらない場合が殆どです。

ですが、「金曜・祝日前日」の「夜」は、割高になる場合が多く、「土曜・日曜・祝日」に関しても、「昼・夜」は割高になり、「夜」は更に割高になります。

 

祝祭日や曜日も考えて回数券を購入すると、数千円以上もお得に購入する事が出来ます。

 

ハイウェイバス回数券の使い方

まず、適切なハイウェイバスを選び、その会社の提供している回数券を購入し、ハイウェイバスを予約します。

当日は、「乗務員」に直接回数券をお渡しし、乗車するのが基本です。

 

一枚で片道が利用出来、往復する場合であっても、片道ずつお渡しするのが基本です。

二枚で往復が可能で、金額が不足してしまっている場合は、加算すれば利用出来る場合がほとんどです。

 

基本的にその会社でのみ使用出来ます。

 

ハイウェイバス回数券の払い戻し

ハイウェイ回数券の払い戻しは、「窓口」「コンビニ」「インターネット」の内、どの方法で購入したかによって異なり、「回数券購入場所でしか払い戻しは出来ません」。

「窓口」でご購入された場合は、「窓口係員」に「乗車券」を提示する必要が有り、「コンビニ」で購入された場合は、「コンビニ乗車券コールセンター」に手続きをして頂く必要が有ります。

 

「インターネット」の場合は、回数券を購入されたホームページ内で、ハイウェイバスの払い戻し手続きをする事が可能です。

同時に数百円程度の手数料が発生する場合も有ります。

 

ハイウェイバスのキャンセルと各社の違い」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ