トングサンダルの意味と日本人に適している理由

<スポンサーリンク>
トングサンダルの意味と日本人に適している理由

どこと無く南国のようなエキゾチックな雰囲気を演出する時に便利なのが、「トングサンダル」で、アメリカ・フランスで少しニュアンスが違いますが、親指と中指で「挟む」ようにして履く物と言う意味です。

パン屋さんでパンをトレーに移動する為に使ったり、バイキング等でパスタを自分で皿に盛る為に使う巨大なピンセットのような金属製のつかみを「トング」と呼びます。

 

それは食品等を「つまむ」ようにして使いますが、同じように足の親指と中指をトングのようにしてつまむようにして履く意味から、「トングサンダル」と呼ばれるようになり、「鼻緒付きの履物」を意味します。

ただ単に「トング」と呼ばれる場合も有り、「ガンディーサンダル」「ペアフットサンダル」「ワラーチ」「サムループサンダル」とは異なり、意味も違います。

 

また、一番似ている所で言う「ビーチサンダル」との明確な違いが知りたい所だと思います。

 

トングサンダルとビーチサンダル

ビーチサンダルの「ビーチ」の意味は、海や川等の「水辺」「浜」等で、そう言った場所で履く事を前提に作られている場合が多く、靴底自体、日常的な使用に耐えられるように出来ていない場合が多いです。

靴底の素材に関しても、「ゴム製」「布」「フェルト」等を採用されている場合が多く、トングサンダルのようにしっかりした素材では無い事が殆どだと思います。

 

また、ビーチサンダル自体、柔軟性が高い素材を使用している事が多く、トングサンダルのように強度が無い分、耐久性に欠け、足への負担も大きくトラブルも多いです。

 

トングサンダルは健康にも良いです

無理に高いヒールを履いたとしても、転倒等だけでは無く、「姿勢」も悪くなってしまいがちです。

「自然さ」と同時に「ラグジュアリー感」を演出する事も出来、高級ブランドでもラインナップされている事が多いのも魅力だと思います。

 

最近では、リゾート的な印象を与える物だけでは無く、可愛らしさやカジュアルさが素敵なトングサンダルも増えてきており、ヒールよりも足が長く見え、洗練された印象を与える場合も多いです。

特に「スポーツ系」のサンダルでは、ファッションやシチュエーションがある程度限定されてしまいますんで、少し物足り無さを感じてしまっていると言う方にも注目されています。

 

特に日本は大昔から「ぺったんこ靴文化」ですので、トングサンダルのようなぺったんこ靴は身体に馴染みやすいです。

トングサンダルが痛い!対策と便利グッズ」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ