タイミングベルトの交換時期と交換費用の不思議

<スポンサーリンク>
タイミングベルトの交換時期と交換費用の不思議

「タイミングベルト」の交換は、車の状態や車種によって違うエンジンの複雑さ等によって費用は変わってしまいます。

ただ、交換する時期に関しては、「走行距離10万キロ」が国産車を中心とした目安であり、それ以上を想定して製造されていません。

 

当記事では、「タイミングベルト」の「交換時期」や「交換費用」、「もし、切れるとどうなる?」と言う素朴な疑問について説明させて頂きます。

 

タイミングベルトの交換時期に関して

日本で販売されている「自動車」であれば、走行距離が10万キロを超えた辺りが、タイミングベルトの交換時期だと言われています。

もちろん、交換時期である10万キロに至る前にタイミングベルトが切れてしまう場合も有りますし、10万キロ以上走行しているにも関わらず切れないと言う場合も有ります。

 

ただ、10万キロが交換時期の目安として製造されている商品ですので、いつ切れるか分かりませんし、切れた事によって事故が起きてしまったとしても「保証外」です。

 

タイミングベルトの交換費用に関して

意外かも知れませんが、エンジンの故障にも繋がる重要なパーツですが、本体自体はやや小型の自動車や軽自動車用で3000円前後位の価格で入手出来、より良い物や大型車、高級車用で高くても10000円位で購入出来てしまう部品ではあります。

設置する場所自体が、複雑なエンジンの奥側に有りますので、「交換費用」と言う「技術料」「工賃」「手間代」等が徴収されてしまうと言う事です。

 

やや小型の自動車や軽自動車用のタイミングベルトは3000円位ですし、「交換費用」も20000円前後位が相場だと考えて頂くのが普通だと思います。

合計で23000円位が適正価格だと言われています。

 

大型車、高級車用のタイミングベルトは10000円位する場合も有り、「交換費用」も大きさや複雑さ等に比例して35000円前後位が相場だと考えて頂くのが普通だと思います。

合計で45000円位が適正価格だと言われています。

 

もちろん、持ち込みする場所や車種、状態や「繁忙期かどうか」によってもタイミングベルト交換費用は変わって来ますので、事前に質問してみるのも一つだと思います。

先ほど説明させて頂いた金額よりも安く済む場合も有りますし、高くなる場所も有ると思いますし、「タイミングベルト」以外にも修理や交換か所が出て来てしまい、「びっくりするような費用を請求されてしまった」と言う方も居られます。

 

「びっくりするような費用」になってしまうのは、「プロによる点検」を怠った事等が原因ですので、適度に点検して頂いた方が、長い目で見ると賢い選択だと思います。

 

もし、タイミングベルトが切れるとどうなる?

比較的「軽度」であれば、「エンジンの停止」や「ハンドルが重くなる」、「ブレーキの不調」等で済む事も有りますが、私達人間で言う所の「風邪」と同じように、「併発」「重症化」等が起きやすいのが特徴です。

本来であれば、「吸気バルブ」と「ピストン」を「タイミング」良く連動させる為に必要な部品ですので、タイミングベルト自体が切れてしまった場合、爆発に必要な筈の「ガソリン入りの空気」が供給されませんので、エンジン自体を動かす事が難しくなります。

 

たった数分であったとしても、超高速で何千回転もするエンジン周りは、ただでさえ「火花」が出やすい金属パーツ、「引火」しやすい「ガソリン」等も有りますので、非常に危険な状態だと言えると思います。

「エンジン」自体の故障と言う最悪の状況が無いとも言い切れず、日本のように厳格な「車検」が無い海外では、実際に大事故に繋がるケースも存在したと言われています。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ