セラミックヒーターの原理と特徴で節電可能

<スポンサーリンク>
セラミックヒーターの原理と特徴で節電可能

セラミックファンヒーターは、基本的に「電気」を使用する事によって暖めた空気を排出しますので、「ガス」や「灯油」等を使用して空気を暖める電化製品と比較した場合、安全性が高く、電気代も低めです。

原理を理解し特徴を把握する事によって上手に使用する事が出来れば、非常に効率的で電気代の節約にも繋がります。

 

同じ目的で使用する電化製品の中でも、セラミックヒーターは、本体価格も安い場合が多く、管理や手入れ等も簡単です。

今記事では、セラミックヒーターを使用する事によって部屋が暖かくなる原理と特徴について説明させて頂きます。

 

セラミックヒーターの原理について

原理は単純で、一般的な生活家電用「セラミックヒーター」の場合、スイッチを入れる事によって「セラミック」が発熱し、その熱を「ファン」で排出する事によって、周辺の空気を暖めます。

基本的に「スポット」を暖める事に適しており、部屋全体を暖めるには非効率的とも言えます。

 

「ガス」「灯油」等を燃焼によって空気を暖める原理を持つ電化製品とは違い、トラブルや酸素不足等のトラブルは起こりにくく、「ガス」「灯油」等を扱わない為、管理が楽で安全です。

 

セラミックヒーターの特徴について

「スイッチ」を入れると数秒でセラミックが暖まり、「スポット」に暖かい空気が出ますので、短時間で暖める事が可能です。

「エアコン」のように、部屋全体を暖める事が目的では無く、背中や足等を暖める事が目的であれば、電気代等も安くて済む事も特徴です。

 

ただ、セラミックヒーターで部屋全体を暖める事は、部屋を暖かくする原理的にも無理が有り、効率も悪く、電気代も高くなってしまいます。

また、「ガス」「灯油」を使用した時と比較した場合、部屋の換気をする頻度は低く済ませる事も可能です。

 

もちろん、良い特徴ばかりでは無く、その原理上、どうしても「デメリット」や「危険性」は存在します。

多いのは、「空気の乾燥」「電気代が上がる」「単品では弱い」と言う点です。

 

セラミックヒーターは簡単に言うと、加熱された空気が出るだけの電化製品ですので、「乾燥した熱風」が排出され、「加湿器」の使用等をしない限り、部屋の空気は常に乾燥した状態になると言う特徴も有ります。

「電気代が上がる」「単品では弱い」に関しては、「スポット」で使用する事が目的ですので、「部屋全体」を暖めるには時間と電気代が掛かり過ぎてしまいます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ