シールの剥がし方「紙から綺麗に剥がす方法」

<スポンサーリンク>
シールの剥がし方「紙から綺麗に剥がす方法」

シールをベタベタ沢山貼ってしまった「紙」や「壁紙」、「結婚式の招待状」や「書き終えた手紙」等、剥がし方を間違えると取り返しのつかない時が、誰でも一度位は有ると思います。

「水」や「油分」に弱い紙で無ければ、「中性洗剤」や「オイル」、「水でふやかす」等が出来ますが、「紙」の場合は、「熱」か紙質によっては「揮発性の高いオイル」を使用した剥がし方が一般的だと思います。

 

当記事では、紙に貼ったシールの剥がし方について説明させて頂きます。

 

紙に貼ったシールの剥がし方

「無地の紙」や「シミになりにくい紙質」でしたら、「ドライヤーの熱」もしくは「ライターオイル」または「ベンジン」でシールを剥がす事が出来ます。

ただ、「ライターオイル」または「ベンジン」は「揮発性」が高く、火災に繋がってしまう可能性が有りますので、紙に貼ったシールの剥がし方に関しては、「ドライヤーの熱」が一番簡単で確実だと思います。

 

ちなみに、「ライターオイル」または「ベンジン」を使用したシールの剥がし方は、要らなくなった「薄い布」や「薄いコットン」、「キッチンペーパー」等を剥がしたいシールの上に被せ、「ライターオイル」または「ベンジン」をシールに浸透させるように使います。

元々、「揮発性」が高い液体ですので、数十秒も浸透させる必要は無く、15秒から20秒程度してから「ゆっくりと」剥がすと上手く行く筈です。

 

「剥がし残し」が有るようでしたら、前回使用した部分を十分に乾燥させた後に繰り返して使用すると良いと思います。

目で見えない範囲ですが、シールの「剥がし残し」が原因で「ベタツキ」等が気になる場合は、「ライターオイル」または「ベンジン」

もちろん、「ライターオイル」または「ベンジン」は「油性」ですので、「文字やパターン等が印刷された紙」や「細かい印刷が施されたシール」等は、「オイル」で「にじみ」「ボケ」が出てしまう可能性が有りますので、目立たない場所等で試してから使用した方が良いと思います。

 

もし、シールの「剥がし残し」が有る紙が、壁紙等のように比較的強いのでしたら、「消しカスがまとまる」タイプの消しゴムで優しく消しカスがまとまるように使うにも効果的です。

あと、「強い紙」に限定されてしまいますが、「ガムテープ」等を「剥がし残し」が気になる所に対し、「貼ったり、剥がしたり」を繰り返す事によって綺麗に剥がす方法も有ります。

 

シールの剥がし方「代用とベタベタ跡の対処法」」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ