ホワイトデーのお返しで彼女が喜ぶ物と駄目な物【年代別】

<スポンサーリンク>
ホワイトデーのお返しで彼女が喜ぶ物と駄目な物【年代別】

「ホワイトデーのお返し」は迷う所ですが、特に彼女にはしっかりと「本気度」を伝えたい所です。

きせまめもそこはしっかりとと伝えて欲しい所ですが、「高校」「大学」「社会人」「30代以上」と年齢によって「一般論」が少し異なりますので、もし迷った場合には、「一般論」も参考にしてみると良いと思います。

 

理想と言えば、ホワイトデーのお返しは、「彼女が本当に喜ぶ物」ですので、相思相愛であれば、余程変な物でも無い限り、喜んでくれると思います。

もちろん、「アクセサリー」「お菓子」も鉄板ですが、「とある点」を注意した方が良いとも言われています。

 

明らかに「金額」で反応が変わるようでしたら、「ホカニモ、イイヒト、イッパイ、イルハズヨ」です。

今後がしんどそうです。

 

当記事では、ホワイトデーの彼女へのお返しに喜ばれる物で、「高校」「大学」「社会人」「30代」に分けさせて頂き、鉄板の「アクセサリー」「お菓子」選びの注意点についても説明させて頂きます。

「40代はホワイトデー貰ったら駄目なんですか!」とは、言わないで下さい。お願いします。

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【高校編】

デート中に一緒に選ぶと言う人も多いのですが、「普段身につける物」や「ペアグッズ」は、高校生位の人にも人気です。

次に人気なのは、「やや高級目のお菓子」で、デパート等で販売されている物も人気です。

 

高校生の人だけでは有りませんが、ホワイトデーの彼女へのお返しで大切な事は、「あなたの事を考えて選んだ」と言う事がしっかりと伝わる事で、恥ずかしがると一生後悔します。

あと、「メッセージカード」は必須と言われています。

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【大学編】

大学によって異なるかも知れませんが、ホワイトデーの彼女へのお返しを「やや奮発した金額」に設定する人が多く、社会人顔負けのプランをじっくり練る人も居ます。

当然、彼氏彼女のスタンスにもよりますが、バレンタインデーにプレゼントされた金額よりは上でお返しするのが「基本」だとは言われています。

 

テーマパークやレストラン、ドライブ等と並行して行う場合が殆どで、「サプライズ的な要素」が上手く出来ると喜ばれます。

「ペア系アクセサリー」が凄く人気で、「ペアウオッチ」も定番です。

 

もちろん、ペアでは無くても「ファッション小物やバッグ」「メイクアイテム」も良いと言われています

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【社会人編】

その人や価値観等によりますが、「新社会人」位の時は、あまりに「ブランド」を前面に出した物や高級な時計を身に着けたりしてしまうと、「悪い意味で目立つ」場合が有ります。

高級な物を選ぶ場合は、完全に「休日用」として選ぶか、あまり目立たない物を選んだ方が良いとも言われています。

 

ですが、いくら「金額で判断するのは駄目女」と言う人が居たとしても、大好きな彼氏さんが頑張って高いプレゼントをホワイトデーのお返しでくれたら、テンションは爆上がりだと思います。

ただ、きせまめの知り合いにも、「お金をかける事アレルギー」の人も居ますので、彼女さんを見て判断する必要が有るかも知れません。

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【30代編】

ホワイトデーの平均相場は、高くても1万円前後位までだと言われていますが、「レストラン」等の食事や買い物デート等と合わせて彼女へお返しする方も多いです。

高校や大学、新社会人でもありませんので、やっぱり「大人の空間」を上手く演出する事や時期的にも、「結婚」を意識した演出が喜ばれるとは言われています。

 

彼女の「興味の有無」が大きいですが、「高級スイーツ」や「アクセサリー」、「香水」や「花」、「洋服」や「バッグ」等も定番と言えば定番です。

意外とホワイトデーのサプライズとして婚約指輪を渡される方も多く、「プライド」も有ると思いますので、なかなか平均相場とは行かないと思います。

 

きせまめ的には、「婚約指輪」が理想ですが、「香水」や「花」よりは、「形として残る物」の方が嬉しいです。

そう言った点では、「プリザーブドフラワー」も素敵です。

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【アクセサリー編】

きえまめ的には、「理系チック」に感じてしまいますし、そんな人聞いた事は無いし伝わらないと思ってしまいますが、ホワイトデーは3月14日にちなんで、「円周率3,14」、つまり「永遠」を伝える意味で「指輪」を選ぶ人が居られるみたいです。

ホワイトデーの彼女へのお返しにアクセサリーを選ぶ場合の注意点は、「石付きの物は避けた方が良い」と言われているからです。

 

「石」はつまり、「ダイヤ」等ですが、「結婚式」で「指輪」を渡す迄の間は、「石」は避けた方が良いと言われています。

もし、どうしてもアクセントが欲しい場合は、「スワロフスキー系」「パール系」で我慢と言った感じです。

 

ホワイトデーの彼女へのお返し【お菓子編】

「彼氏彼女」の関係ですので、ホワイトデーのお返しに何を貰っても嬉しいと思いますが、「マシュマロ」「グミ」「クッキー」等は、「連想ゲーム」に近いですが、あまり良い無い意味では無い場合が多いです。

デパート等では、「ホワイトデーにチョコレートをどうぞ」と言う感じで販売していますし、きせまめも何の疑問も持ちませんが、「あなたの気持ちをそのまま返します(返却)」的な意味になるとは言われています。

 

お互いの気持ちが分かっているのでしたら、「あげたい物をあげる」のが一番ですので、チョコレートでも何ら問題は無いと思います。

普通に「ホワイトデー用」として売ってますから。

 

きせまめの感想

結局の所、「購入する時に彼女が喜ぶ顔が浮かぶ物」が一番だと思いますが、一般的な物で喜ぶ人、喜ばない人が居ますので、本当に難しい所だと思います。

逆に言うと、「ホワイトデーの彼女へのお返しに相応しくない物」を選ばなければ大丈夫だと思いますので、「消去法」と言う手もアリだと思います。

 

でも、きせまめは、ホワイトデーに2人でお返しを選ぶと言うのも素敵だと思いますので、無理に「サプライズ」を意識する必要は無いと思います。

是非、2人だけのホワイトデーを満喫して下さい♪

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ