葛城山のツツジを登山に行く前に知るべき事

<スポンサーリンク>
葛城山のツツジを登山に行く前に知るべき事

葛城山のツツジは、例年であれば、5月の中旬頃に開花が始まり、6月に入る頃には見ごろを過ぎてしまいます。

ですので、ツツジを堪能出来る期間は想像以上に短く、土日祝関係無く、登山客で賑わいます。

 

葛城山の山頂へは、数時間の登山以外は、「ロープウェイ」を利用するしか有りませんので、ツツジが目当ての方、純粋に登山を楽しみたい方で「ごった返した」状態になります。

特に「ロープウェイ」は1〜2時間待ちは普通で、「登山」が好きな方からすれば、「ロープウェイ」を待っているのも、自力で登山するのも、かかる時間は同じだと言う方も居られます。

 

実際問題、ツツジの見ごろを迎えた時期は、「ロープウェイ」も自力登山もあまり変わりが無いと言われています。

もちろん、山頂への登山道は、いくつか選択肢が有りますし、経験によっても変わりますが、実質3500メートル位です。

 

歩き易いように舗装されている道も有りますが、高さが640メートル以上有りますので、最低限「靴」や荷物の「重量」は気にしておいた方が良いと思います。

終始大変な思いをすると言う訳では有りませんし、ある程度舗装されていますが、「登山」である事には変わり有りません。

 

初めての葛城山登山で知っておくべき事

昼ごろが一番混雑してしまいますので、もし可能であれば、朝の9時頃から朝の10時頃の間までに「ロープウェイ」を利用した方が良いです。

ツツジの期間中は、朝の10時頃から昼の14時頃まで混雑してしまいますので、午前中に「ロープウェイ」の利用が無理な無理な場合は、昼の14時以降に利用した方が良いと思います。

 

葛城山の「ロープウェイ」自体は、朝の9時頃から夕方の5時頃まで受付けされている事が多いです。

葛城山のツツジを見に来られる方の殆どは、「ロープウェイ」を利用されますので、頂上まで自力登山される方は、少なくなります。

 

葛城山のツツジ開花中は、「ロープウェイ」だけでは無く、葛城山へ向かう「御所駅」のバスも混雑してしまう事が多く、「ロープウェイ」周辺の駐車場も混雑する事が多いです。

「御所駅」は、葛城山への「入口」とも言える駅で、「山頂への自力登山客」「ロープウェイ利用客」全ての方が来られます。

 

葛城山の「ロープウェイ料金」に関しては、往復の場合は、1250円前後、片道の場合は、740円前後です。

駐車場料金に関しては、「葛城高原ロッジ」利用者以外は、一回につき1000円前後が必要です。

 

葛城山のツツジ開花時期と満喫する為の豆知識」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ