猪名川花火大会2018の穴場は?最寄り駅等の場所と駐車場情報

<スポンサーリンク>
花火2

猪名川花火大会は、大阪の池田市と兵庫県の加西市の間を流れている猪名川で開催されます。

池田市と加西市と言う、2ヶ所の違った県による合同花火大会と言う点も珍しい気がします。

 

1948年ごろに始まった花火大会ですので、今年2018年で70年経ちます。

池田市と加西市の友好の証が目的の一つだと言われていますので、これからもずっとずっと続いて欲しいですね。

 

猪名川花火大会は、毎年、打上数も4千発ほどですので、花火は好きだけれど、1万〜1万5千発は少し多い気もするし、炎天下の中、昼ごろから場所取りなんてしたくない!と言う方に最適の花火大会の一つだと思います。

十分に凄い観覧者数だとは思いますが、毎年10万人位だと言う点も良いですね。

 

結構有名な花火大会だと、30万人〜50万人集まるのも普通になって来ています。

当記事では、2018年お猪名川花火大会に関してと穴場、最寄り駅、車でのアクセス、駐車場情報について説明させて頂きます。

 

2018年の猪名川花火大会について

例年であれば、8月の第3土曜日に開催されていますので、今年2018年は、8月18日の土曜日に開催されると思います。

雨天等の天候によって中止を余儀なくされてしまった場合、8月19日の日曜日が振替日です。

 

もし、当日、開催されるか不安な天候の場合、0180991816で開催の有無を確認する事が可能です。

開催場所は、池田市側から見た場合、大阪府池田市桃園2丁目、加西市側からみた場合、兵庫県加西市小花2丁目辺りの猪名川河川敷です。

 

会場は、池田市と加西市の2地域にそれぞれ、第1会場、第2会場が用意されていますので、合計4会場用意されています。

開催時間は、19時20分〜20時20分ごろまでの1時間を予定しています。

 

打ち上げ数が倍近く用意されているからと言うのも大きいとは思いますが、多くの花火大会が2時間前後の中、猪名川花火大会は1時間程度ですので、気軽に楽しむ事が出来るのも嬉しいです。

内容が重複しますが、例年であれば、10万人以上、4千発の花火を楽しむ事が出来ます。

 

さすがに、特等席的な場合は少し難しくなってしまいますが、池田市加西市共に、1番良い第1会場で16時半以降、第2会場で18時以降でも場所取りが可能です。

ただ、全会場に共通して言える事は、無人の場所取りが禁止されている事ですので、場所取り後に夜店へ行かれる場合、注意が必要かも知れませんね。

 

猪名川花火大会の穴場

公式で駐車場が用意されていませんので、小さなお子様連れの方、どうしても車を利用する必要が有る方、私のように、公共交通機関の利用自体が苦手な方は、穴場の利用も良いと思います。

ただ、公式に用意されている4会場の内、池田市と加西市の第2会場は、そこまで混雑はしませんので、公共交通機関を利用される場合、そこまで穴場にこだわる必要は無いように感じます。

 

▲伊丹イオン

複合施設ですので、熱中症や脱水症状等が心配な方、お手洗いに確実に行きたい方に人気です。

会場から距離が有りますので、しっかりと堪能したい方には不満が残ると思いますが、もっと気軽に観たい方には良いと思います。

 

猪名川花火大会自体、約1時間程度ですので、駐車させて頂いたお礼として買い物をしていれば無料で駐車場を利用出来るのが嬉しいですね。

帰り道に会場周辺を通らなければならない場合、渋滞で動けない事は目に見えていますので、伊丹イオンでゆっくりと買い物をしてから帰ると丁度良いと思います。

 

▲加西能勢駅

当日は、屋上駐車場を利用する方も居られます。

人気が高い駐車場ですが、駐車出来れば、比較的綺麗に観る事が出来ます。

 

▲猪名川運動公園

猪名川大橋周辺辺りまでです。

会場から少し距離が有りますので、そこまで混雑はしません。

 

どちらかと言うと、花火の雰囲気を楽しめたら良いかな〜程度の方向きです。

 

▲伊丹スカイパーク

どちらかと言うと、伊丹市立こども文化科学館や伊丹市昆虫館等をメインにして遊び、最後い猪名川花火大会で花火を観ると言うプランを立てられている方に最適です。

花火会場から距離が有り、迫力に欠けるかも知れませんが、観る事は可能です。

 

▲五月山秀望台

夜景をメインにして花火も楽しみたい方向けで、恋人同士や家族連れの方が多い印象です。

何よりも車でアクセス可能な所が嬉しいですね。

 

▲すみれが丘の長階段

土地勘が無いと分かり辛いかも知れませんが、すみれが丘郵便局とすみれが丘小学校付近い有る長階段です。

正直、遠いので花火は小さいのですが、「あっ今日は花火大会だ・・」と言う感じで少しだけ観たい人が多いみたいです。

 

▲陸上自衛隊中部方面総監部

立地的に高台に位置していて、周辺に公園が沢山有ります。

有料駐車場も有りますので、ぼんやりと花火を楽しみたい方に人気が有ります。

 

猪名川花火大会の最寄り駅について

打ち上げ会場は、池田市側、加西市側にそれぞれ第1会場と第2会場、合計4ヶ所用意されています。

池田市側、加西市側共に駅から近いのは第1会場です。

 

1番近い最寄り駅は、池田駅ですが、花火大会当日は混雑しますので、どの駅から行っても差が無い場合も多いです。

 

池田市会場側最寄り駅

▲阪急電鉄池田駅

▲JR西池田駅

加西市会場側最寄り駅

▲川西能勢口駅

 

猪名川花火大会の場所と車のアクセス

加西市小花2丁目、大阪府池田市桃園2丁目の猪名川河川敷を中心とし、池田市と加西市の両方に第1会場と第2会場が用意されていますが、2会場は夜店の数が違います。

駅から近いかどうかも関係しているのかも知れませんが、夜店が多いのは、断然1会場です。

 

それに合わせてでは無いのですが、池田市と加西市の2地域共に第1会場が人気です。

例年であれば、夜店は300店近く出ていますので、池田市側の第1会場でしたら、夜店が1番多く、お祭り気分も堪能出来ると思います。

 

夜店にも力を入れていますので、21時30分ごろまでは営業しているお店も多く、花火大会が終わってからもゆっくりと楽しむ事が出来ます。

池田市側と加西市側の人の数も夜店の数と同じで、池田市側の第1会場が1番人が多いです。

 

公式でも臨時駐車場等は用意していない位ですので、穴場の駐車場を利用するか、周辺の有料駐車場を利用するしか有りません。

車載ナビ等で猪名川と検索すると範囲が広すぎますので、加西市小花2丁目か池田市桃園2丁目辺りを目的地として、有料駐車場を探す必要が有ります。

 

ただ、周辺は18時〜22時まで交通規制が敷かれています。

 

猪名川花火大会の駐車場情報

繰り返していますますが、打ち上げ場所周辺では、18時〜22時までの間、交通規制も敷かれてしまいますし、臨時駐車場等も用意されていません。

比較的料金も安く、人気の駐車場について説明させて頂きますが、周囲には沢山の有料駐車場が有りますので、そこまで心配する必要は無いと思います。

 

▲タイムズ川西池田

▲タイムズ川西池田第2

▲タイムズ川西池田第3

▲川西第1駐車場

▲川西第2駐車場

▲タイムズ川西能勢口駅前第7

▲タイムズ川西能勢口駅前第8

▲228パーキング

▲タイムズ川西小花

▲NPC24Hビックボックス川西パーキング

 

時間ギリギリに行くと全ての駐車場が満車になってしまう可能性も有りますが、少し早く行くと空いている場合が多いです。

駐車出来る場所選びよりも、行き帰りの渋滞を意識して行動した方が重要だったりします。

 

猪名川花火大会のまとめ

当記事は、少しでもお役に立てましたでしょうか?

最近の花火大会は、積極的過ぎる有料観覧席募集やド派手な花火が多く、昔ながらの花火大会色が薄れてしまっているように思います。

 

もちろん、感じ方や考え方等は人によって大きく変わって来ると思いますが、猪名川花火大会は、「らしさ」を上手く残してくれているように感じます。

歴史や知名度は高いのですが、そこまで混雑しませんし、夕方から場所取りしても十分間に合います。

 

約1時間程度ですので、是非行ってみて下さいね。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ