隅田川花火大会第二会場への人が少ない理由

<スポンサーリンク>
隅田川花火大会第二会場への人が少ない理由

隅田川花火大会第二会場の混雑具合が少し緩和される理由は、第一会場の方がアクセスが良く、「花火コンクール」の開催場所と言う事も有り、隅田川花火大会と言えば「第一会場」と言う方が大半だからだと思います。

更に、「東京スカイツリー」も出来た事も有り、両方見たい方にも第一会場は人気です。

 

第一会場であれば、お昼に差し掛かる頃には場所を確保する事は困難になりますが、第二会場であれば、お昼に差し掛かる頃には場所を確保出来る可能性は残っています。

もし、隅田川花火大会自体に何回も来る事が出来なさそうであれば、第一会場の方が良いと言うのは、言うまでも無いと思いますが、混雑が我慢出来ない方は、第二会場の方が良いと思います。

 

ちなみに、「第一会場」「第二会場」の両方の花火を観る事が出来るのは、「浅草駅」「隅田川公園」「蔵前橋」ですが、「始発組」が場所取りに来ている人も居る位ですので、注意が必要だと思います。

個人的には、遠方から来られる方は、「東京スカイツリー有料席」等の有料観覧席の方が、大変なだけだったと言う苦い思い出が残るよりは、良いと思います。

 

混雑必至の隅田川花火大会の名所スポット

「浅草駅周辺」「桜橋中学校」「第一ホテル両国前」「銅像堀公園周辺」「向島水戸街道付近(国道6号線沿い)「向島5丁目付近コモディイイダ敷地内屋上」「本所1丁目交差点周辺」「東駒形3丁目付近本所我妻橋」「隅田川公園」

「銅像堀公園」に関してもそうですが、花火大会当日に「立ち入り禁止」にしている場所や、「歩行者天国」にしている道路も多く、想像以上に混雑しています。

 

隅田川花火大会第二会場の花火量

意外かも知れませんが、第一会場よりも第二会場の方が、約1300発近く多く打ち上がります。

花火が打ち上がる時間に関しては、約25分近く遅く始まり、特に混雑する事で有名なのは、「江戸通り」と「春日通り」の通りで、当日は「歩行者天国」になります。

 

隅田川花火大会第二会場へ「電車」で行かれる方は、「都営浅草線」の「浅草駅」「蔵前駅」、「都営大江戸線」の「蔵前駅」から行かれる方が多いです。

「両国駅」「田原町駅」「本所我妻橋駅」「浅草橋駅」から散歩がてら行かれる方も居られます。

 

隅田川花火大会第二会場の出店の量

出店の量自体は、第一会場の方が多いですが、純粋に花火だけを楽しみたい方、屋台には特に興味が無い方に関しては、「コンビニ」「お手洗い」の数が多い隅田川花火大会第二会場も良いと思います。

 

隅田川花火大会の打ち上げ場所と人気の場所」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ