陶炎祭の駐車場選びと混雑を避ける方法

<スポンサーリンク>
陶炎祭の駐車場選びと混雑を避ける方法

「陶炎祭」が開催される場所は、「茨城剣笠間市笠間2345」の「笠間芸術の森公園内」で開催され、この祭りの為に作られた「笠間焼き」が手に入る事も有り、「焼き物」が好きな方が全国各地から車で押し寄せます。

混雑や渋滞度合いも凄く、「笠間駅」「友部駅」から「シャトルバス」「周遊バス」「自転車貸出し」等も出来ますし、「笠間駅」でしたら、徒歩でも陶炎祭会場へ行く事も可能です。

 

ただ、「シャトルバス」に関しては、「休日・祝日」しか運行していませんので、比較的混雑が緩和されている平日には利用出来ません。

 

陶炎祭の駐車場場所

車で来られる方は、駐車場料金が無料で利用出来る「陶炎祭」の会場と同敷地内に有る「笠間芸術の森公園」に駐車される方が大半です。

駐車場自体は、1200台以上も駐車出来る程のスペースを確保していますが、毎年、4月29日から5月5日の間だけで50万人以上が押し寄せる茨城県最大規模のお祭りですので、開催日によっては、ある程度は混雑してしまいます。

 

ですが、開催期間中は、笠間芸術の森駐車場付近にも「臨時駐車場」を無料開放して頂けますが、「臨時駐車場」を利用した場合、徒歩数十分以上歩く必要が有り、足腰に自信が無い方やご高齢者様、まだまだ小さいお子様が居られる場合は、注意が必要だと思います。

「陶炎祭」開催期間中は、朝の9時頃から夕方の5時頃まで開催されており、昼頃が一番混雑し渋滞も目立つ時間帯です。

 

駐車場に関しても、1200台以上収容出来るスペースが有り、「臨時駐車場」の開放も有りますが、慣れている方は、開始時間前から駐車場前に集まり、会場へのアクセスが良い場所へ駐車します。

時間と共に会場付近の駐車場は埋まって行きますので、混雑時間と重なると、駐車出来る場所がその分遠くなるからです。

 

臨時駐車場は、「教育研修センター」(笠間市平町1410)「中央工業団地」(笠間市長兎路1079付近)等です。

 

陶炎祭会場へ車で来る場合

◯「東京」方面から陶炎祭へ来られる場合

①「常磐自動車道 岩間インターチェンジ」を通り、「国道355号線」を経由。

 

②「水戸インターチェンジ」を通り、「国道50号線」を経由。

③「北関東自動車道 友部インターチェンジ」を通り、「国道355号線」を経由。

 

混雑を回避したい場合、出来る限り「国道355号線」の利用は避ける方が良いです。

 

◯「栃木」「群馬」方面から陶炎祭へ来られる場合

「北関東自動車道 笠間西インターチェンジ」を通り会場。

 

笠間の陶炎祭の特徴、友部駅を利用する利点」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ