野沢温泉スキー場のアクセスと駐車場情報の詳細

<スポンサーリンク>
野沢温泉スキー場のアクセスと駐車場情報の詳細

「野沢温泉スキー場」は、標高差1085mも有り、日本中のプレイヤーを虜にする事でも有名です。

「スキー場」が誕生するきっかけになった日本初のスキー場「日影ゲレンデ」も有り、最大傾斜32度を誇る「シュナイダーコース」は、世界に誇るスキーコースの一つだと言われています。

 

また、「運」が良ければ利用出来る「FIS公認」の「カンダハーコース」等も有り、プレイヤーを飽きさせる事は有りません。

当記事では、野沢温泉スキー場の「車でのアクセス方法」と「電車でのアクセス方法」、「駐車場」情報について説明させて頂きます。

 

野沢温泉スキー場の車でのアクセス方法に関して

大きく分けて「関東方面」「東海方面」「関西方面」「北陸方面」から来られる場合の野沢温泉スキー場へのアクセス方法について説明させて頂きます。

基本的にどこの地域から向かわれる場合も「豊田飯山インターチェンジ」を経由し、スキー場へ向かわれるのが確実です。

 

◯「関東方面」からのアクセス

「練馬インターチェンジ」から「藤岡ジャンクション」を経由し、「豊田飯山インターチェンジ」もしくは「塩尻・石打インターチェンジ」を通り、野沢温泉スキー場へ向かいます。

 

◯「東海方面」からのアクセス

「東名高速春日井インターチェンジ」から「中央道」、「長野道」を通り「豊田飯山インターチェンジ」を通り、野沢温泉スキー場へ向かいます。

 

◯「関西方面」からのアクセス

「吹田インターチェンジ」から「名神高速」、「東名高速」を通り「中央道」、「長野道」を通り「豊田飯山インターチェンジ」を通り、野沢温泉スキー場へ向かいます。

 

◯「北陸方面」からのアクセス

「北陸金沢東インターチェンジ」から「上越ジャンクション」を経由し、「豊田飯山インターチェンジ」を通り、野沢温泉スキー場へ向かいます。

 

野沢温泉スキー場の電車でのアクセス方法に関して

大きく分けて「東京駅」「名古屋駅」「大阪駅」を利用して野沢温泉スキー場へ向かわれる場合の野沢温泉スキー場へのアクセス方法について説明させて頂きます。

基本的にどの地域から来られる場合であっても、「飯山駅」を利用し、「野沢温泉直通ライナー」で向かうと思います。

 

もしくは、「飯山駅」降車後、「戸狩野沢温泉駅」を経由し「タクシー」で向かう方法も有ります。

 

◯「東京駅」からのアクセス

「東京駅」から「北陸新幹線」下りを経由し、「飯山駅」へ向い「野沢温泉ライナー」を経由して「野沢温泉スキー場」へ向かいます。

 

◯「名古屋駅」からのアクセス

「名古屋駅」から「JR中央篠ノ井駅」を経由し「長野駅」、「JR飯山線」から「飯山駅」を経由し、「野沢温泉スキー場」へ向かいます。

 

◯「大阪駅」からのアクセス

「大阪駅」から「サンダーバード」を経由し「金沢駅」、「北陸う新幹線」から「飯山駅」を経由し、「野沢温泉スキー場」へ向かいます。

 

野沢温泉スキー場の駐車場選びに関して

「駐車場料金」に関しては、「長坂第1駐車場」は平日無料ですが、土日祝祭日、年末年始は「普通車」は1000円必要です。

ただ、「ナイターのみ利用」に関しては、終日「無料」です。

 

「柄沢第2駐車場」は、「日帰り」は無料ですが、1泊2日で「普通車」1500円、1日増す毎に駐車場料金が追加で500円加算される仕組みです。

「南原第3駐車場」に関しても、「日帰り」は無料ですが、1泊2日で「普通車」1500円、1日増す度に駐車場料金が追加で500円追加加算される仕組みです。

 

「中尾駐車場」に関しては、「普通車」のみ「日帰り」は無料ですが、「大型車」は「3時間」「日帰り」で料金が異なりますので、注意が必要です。

また、1泊2日までが「普通車」で1500円、1日増す度に駐車場料金が追加で500円追加加算される仕組みです。

 

「新田駐車場」に関しては、「新田駐車場」と「新田立体駐車場」の2種類用意されており、原則として「普通車」のみの利用です。

「新田駐車場」は、「2時間以内」の利用で300円、「日帰り」で700円必要です。

 

「新田立体駐車場」は、「1時間毎」で100円ですが、12時間を超えて利用する場合は、「2時間毎」に100円追加加算される仕組みです。

「横落駐車場」は、「日帰り」で700円ですが、「1泊2日」で1500円、それ以上は、「1泊増える度」に500円加算される仕組みです。

 

「野沢温泉スパリーナ駐車場」は、「スパリーナ利用者専用駐車場」で、「スパリーナ利用者のみ駐車場無料で利用出来ます。

 

「野沢温泉温泉街」周辺の「長坂第1駐車場A〜Cブロック」もしくは「長坂ゴンドラリフト駅」に隣接する駐車場を目的等に合わせて選ぶと便利だと思います。

注意点としては、「長坂第1駐車場A〜Cブロック」は、「A約70台」「B約200台」「C約230台」に対し、「長坂ゴンドラリフト駅」は約15台ですので、週末や連休中は満車の可能性も有ります。

 

また、「柄沢第2駐車場」「南原第3駐車場」「中尾駐車場」「新田駐車場」も用意して頂いており、「柄沢」が約220台、「南原」が約400台、「中尾」が約170台、「新田」が40台収容出来、各駐車場にはトイレも併設されていますので、女性の方でも安心して利用する事が出来ます。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ