笠間の陶炎祭の特徴、友部駅を利用する利点

<スポンサーリンク>
笠間の陶炎祭の特徴、友部駅を利用する利点

笠間の陶炎祭(ひまつり)は、毎年4月29日頃から5月5日頃まで開催され、「笠間芸術」に触れられる事も有り、全国各地から来られる芸術愛好家の方で賑わいます。

もちろん、笠間の陶炎祭と言うと、実際に購入見て製作者の方の話を聞きながら購入出来る事も醍醐味の一つと言えますが、製作者が趣向を凝らした「オークション」も毎年大変盛り上がります。

 

何よりも、この世に2つと無い出来の焼き物が驚くような価格で購入出来る事や、笠間の陶炎祭でしか手に入らない「芸術的」「独創的」「希少性が高い」焼き物等も購入出来る事でも毎年話題になります。

これも特徴の一つだと言われていますが、笠間の職人さん達が作る「出店」も話題で、普通の出店とは違う料理を楽しむ事が出来ます。

 

笠間焼きの魅力

笠間市を中心とした地域の焼き物で、江戸時代の中頃には存在していたとされます。

茨城県と言う立地も有り、非常にきめ細かい粘土自体には、「鉄分」が多く含まれている事が特徴で、粘度が高く、「頑丈」さが最大の特徴とも言われています。

 

その素晴らしい出来と耐久性支持され、「江戸」からの受注も多く、当時は大変栄えたと言われています。

江戸時代当時は、豪華絢爛で非日常的な芸術品と言うよりは、「質実剛健」的で毎日のように使用出来る少し高級な焼き物と言う認識だったと言われています。

 

何故、陶炎祭(ひまつり)と呼ばれるのか

陶炎祭が開催される「笠間」は、「あばれ火祭り」と言う映画のロケ地になり、同じ漢字になる事を避ける為、このような漢字が使用されるようになりました。

 

笠間の陶炎祭が注目される理由

笠間の陶炎祭は、1982年に始まった比較的新しい祭りで、有志の方々による「熱意」によって実現しました。

笠間で「焼き物」を生業にしている職人さん達の「誇り」「自信」によって生まれた祭りと言っても過言では無く、宣伝だけでは無く、会場の設営や出店の料理に至るまで、自分達で作り上げる程の情熱をかけています。

 

友部駅か笠間駅で陶炎祭に行く場合

友部駅から笠間の陶炎祭に行く場合は、「東ゲート」行きの「シャトルバス」が「北口」周辺から出ています。

友部駅からは「かさま周遊バス」も利用出来、笠間の陶炎祭会場の「北ゲート」へ直接向かう事も出来ますし、笠間駅へ行く事も可能です。

 

笠間駅からは、「徒歩」「自転車(貸出)」「専用バス」「かさま周遊バス」等も可能出来、「北ゲート」に到着します。

陶炎祭の駐車場選びと混雑を避ける方法」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ