淀川花火の打ち上げ場所と何発かについて

<スポンサーリンク>
淀川花火の打ち上げ場所と何発かについて

淀川花火大会(なにわ淀川花火大会)の打ち上げ時間は、基本的に夜の7時50分頃から開催され、夜の8時40分頃を予定していますが、雷・風・雨の状況によって、打ち上げが「中止」される場合も有ります。

基本的に花火大会の日程がズレる事は有りません。

 

近い年でしたら、実際に2014年に中止されたばかりです。

また、「有志」の方や、「協賛金」「寄付」によって花火の数自体が変わってしまい、何発打ち上げられるかは、その年によって多少のバラつきが有る事も特徴であり、楽しみの一つだと言えます。

 

淀川花火大会の打ち上げ場所

実際に淀川花火大会の打ち上げ場所は、淀川ですので、川の上ですが、陸地で言うと、「新御堂筋淀川鉄橋」「淀川河川敷国道2号線周辺」に当たります。

「有料席」と呼ばれる「協賛観覧席」や「納涼船」が存在しますので、高齢の方やお子様連れの方、淀川花火大会を一番良い場所でしっかりと堪能したいと言う方に人気です。

 

淀川花火大会の人気スポット

混雑も醍醐味の一つで、有料席を取る程では無いと感じている場合は、「淀川河川公園西の中之島地区野球場」「海老江グランド」「阪神姫島駅」「長柄橋」「本庄公園」「梅田スカイビル」「ルクア」等の周辺も人気です。

ただ、「考えている事は皆同じ」では有りませんが、淀川河川敷のように有名な場所では、「裏ワザ」的な物は無いと理解しておいた方が良く、もし有ったとしても、「音が聞こえない」「良く見えない」「その場所自体が危険」な場合が多いです。

 

淀川打ち上げ花火の有料席

一般席は、非常に混雑してしまいますので、毎年6月の1日に受付けが開始される「淀川打ち上げ花火の有料席チケット」を購入すると便利です。

4種類の有料席チケットが存在し、料金に関しても2500円程度の物から、8000円程度の物が存在します。

 

「納涼船」をご利用の場合は、16000円程度必要ですが、満足したと言う方が多いです。

「ローソンチケット」「チケットぴあ」「イープラス」「セブンイレブン」「近畿日本ツーリスト」「ウォーカープラス」等で簡単に購入する事が出来ます。

 

淀川打ち上げ花火は何発?

淀川花火大会で花火が何発打ち上がるかについては、一般的に好評される事は無く、淀川花火大会が中止された2014年の翌年は、例年よりも盛り上がったと言われていますが、何発打ち上がったかについては、誰も知りません。

関西で有名なレジャー施設の電装系パレードのように、「この◯◯は、◯◯会社のお陰で出来ました」と言うのが、現時点で無いのが特徴だと思います。

 

淀川花火大会の時間と有料観覧席、最寄り駅」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ