横浜開港祭の花火の場所と時間を知る前に

<スポンサーリンク>
横浜開港祭の花火の場所と時間を知る前に

横浜開港祭の花火は、6月の2日に開催され、「開港」と「初夏」を祝う為の祭りです。

「混雑必至」である事は毎年変わりませんので、「場所確保の数時間」「混雑のストレス」「大切は人との思い出」等を考えた場合、「有料観覧席ペア席」は、「費用対効果」が高いので、個人的には良いと思います。

 

「有料観覧席ペア席」は、「チケットぴあ」で簡単に購入する事が出来ますし確実です。

特に足腰に自信が無い方や、年齢が高い方やお子様が居られる方は、トラブルを回避する意味でも良いと思います。

 

「国立大ホール前会場」がペアで6000円、「メイン会場」がペアで9000円等、「横浜開港祭」を2日間使用出来る有料観覧席がペアで40000円です。

少し高く感じてしまうかも知れませんが、毎年軽く200万円以上は飛んで育、「ゴミ」撤去費用の事を考えると「協賛席」として利用すると気持ちが良いと思います。

 

それに、有料席には、様々な特典が付いていますので、特典を十分に使えるのであれば、お得だと言われています。

 

横浜開港祭の花火を楽しめる場所

神奈川県横浜市西区みなとみらい「みなとみらい21」周辺の「臨港パーク」「新港」等で横浜開港祭の花火を楽しむ事が出来、実際に花火が打ち上がる場所は、「臨港パーク」前の海上です。

殆どの方は、「臨港パーク」周辺に昼過ぎ頃から並び初め、花火打ち上げ開始数時間前には、遠くから混雑具合視認出来る位です。

 

確かに、港町や漁港、公園や施設等が集まる場所ですので、沢山場所が有るように感じてしまうかも知れませんが、「パーキング」から歩ける範囲は、調べ尽くされていますので、混雑を避ける事は無いと思って頂いた方が良いと思います。

「快適に横浜開港祭の花火を見れる場所」は、「木が邪魔で見れない」「開催場所から遠い」「花火の音が聞こえない」「本当は利用するべきでは無い場所」である事が多いです。

 

それに、横浜開港祭の花火が綺麗に見れるエリア内のパーキングは、どこも満車になる可能性が高く、特に遠方から来られた方は、「駐車場探しをしている間に花火が上がり初め・・」と言う話も珍しく有りません。

また、「ゴミ」が多過ぎる事も、毎年深刻な問題の一つとされており、今後、場所によっては、立ち入り禁止になる可能性もあります。

 

横浜開港祭の花火が打ち上がる時間

毎年、夜の7時20分頃から花火が打ち上がり、終了は夜の7時50分頃を予定していますが、悪天候の場合は中止されます。

「有料観覧席」を購入された場合は、昼の3時半頃から予約したエリアに入る事が可能です。

 

横浜開港祭の花火と快適な13以上の場所」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ