八代花火競技大会の駐車場とチケット情報

<スポンサーリンク>
八代花火競技大会の駐車場とチケット情報

八代花火競技大会は、毎年10月の17日土曜日頃、熊本県八代市球磨川河川緑地周辺で開催されます。

西日本で一つしか存在しない「花火競技大会」で、熊本県周辺地域限定では無く、北は秋田、南は鹿児島までの名実共に有名な花火職人が競い合う事から、文字通り日本全国から見に来られる方が居る位の人気です。

 

八代花火競技大会の魅力

たった1日の開催にも関わらず、1万2000発以上の花火が打ち上がり、熊本県内では一番打ち上がり数が多いです。

「JR鹿児島線八代駅」もしくは、「肥薩おれんじ鉄道八代駅」から徒歩10分程度で会場に到着する事、会場周辺に「シャトルバス」付きの臨時駐車場を用意して頂いている事も嬉しいです。

 

八代花火競技大会の主力は、「5号玉」「10号玉」「スターマイン」です。

 

八代花火競技大会のチケット

「スーパーエキサイトシート」「エキサイトシート」「ドリームシート」「ニュースタジアムシート」の4種類のチケットが存在します。

「スーパーエキサイト」が5000円、「エキサイト」「ドリーム」が3500円、「ニュースタジアム」が2500円で、全て1人のシート料金です。

 

毎年8月1日頃から「やつしろ全国花火競技大会」の公式サイトから有料観覧シートの申し込みが可能で、「Lコード」対応のコンビニでも注文する事が可能です。

「Lコード86792」

 

無料で八代花火競技大会は楽しめる?

花火が好きで真剣に楽しみたい場合は、有料チケットの購入が望ましく、無料で花火が見る事が出来る場所は有る事には有りますが、地元の方や若年層の方を中心に「ごった返した」状態になります。

比較的快適に八代花火競技大会を楽しめる場所は、「有料席」として用意されており、熊本県八代市球磨川河川緑地周辺の「河川敷」「堤防周辺」「グラウンド」「キャンプ場周辺」「周辺神社」等から見ることも可能です。

 

ですが、花火や周辺駐車場の確保、交通整理や観光客の整理、ゴミ処理等を考え、これからもずっと、孫やひ孫の代まで八代花火競技大会を楽しみたい場合は、感謝の気持ちを伝える為にも「有料チケット」を購入した方が、個人的にも気持ちが良いとは思います。

 

車で八代花火競技大会を見に来る場合

基本的にお昼頃から会場周辺の駐車場が埋まり始めますので、早めに駐車場を確保される方が多く、会場内駐車場は有料1000円、周辺臨時駐車場でしたら、無料で利用出来る場所も多いです。

少し場所は離れてしまいますが、一回使用につき500円で利用出来るシャトルバスが有る場所は、「代陽小学校」「第一中学校」「内港駐車場」「トライアル横」「日奈久駐車場」「ゆめタウン」「イオン」等です。

 

「植柳小学校」「守田斎場」「夕葉橋下河川敷」等は2km以内に有り人気で、「宮地小学校」「総合体育館」「大田郷小学校」「保健センター」「第二中学校」「八代神社」「八代地域振興局」等は3km以内に存在します。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ