卒業式のスーツでお母さん周囲に尊敬される色と絶対的王道

<スポンサーリンク>
卒業式のスーツでお母さん周囲に尊敬される色と絶対的王道

卒業式のお母さんのスーツ選びは、「主張し過ぎない事」や「上品さ」、「別れへの寂しさ」等を上手く演出出来れば合格だと言われています。

いきなり、「お母さん、卒業式には、スーツで来て下さい」と言われてても「え?」と思ってしまうのが普通で、普段からスーツやカジュアルドレス等を着て、パーティーやセレモニー系に参加する経験が無いと難しいと思います。

 

普通のスーツ姿で卒業式に向かわれる方も居られますが、これを機に揃えておいても良いと思います。

理由は、今後、「両家顔合わせ」や「親族関係の食事会」等が増えたり、新しく増えた家族の習慣によって必要な機会が増える可能性が有るからです。

 

当記事では、「卒業式で綺麗なお母さんでやり切る為のスーツ選び」と「卒業式のスーツの色選び(母編)」について説明させて頂きます。

 

卒業式で綺麗なお母さんでやり切る為のスーツ選び

一般的に「卒業式」で十分通じますが、本来は、「卒業証書授与式」と呼ばれるセレモニー(式典)ですので、「セレモニースーツ」が最も適していると言われています。

 

有名な「ワールドオンラインストア」の画像を拝借して説明させて頂いた場合

http://store.world.co.jp/s/sp/ceremony/graduation/

ワールド 卒業式 画像

画像のような感じで、「一般的なスーツ」とは少し違うデザインの物が多いです。

 

素材に関しては、卒業式が開催される時期は3月ですので、日によっては「肌寒さ」も感じますが、「冬生地」はあまり適していないと言われています。

一番無難だと言われているのは、「合物(あいもの)」と呼ばれる「春・秋」に着れるスーツで、「間着」「合着」と呼ばれている場合も有ります。

 

色々と面倒なお母さんには、「入学式や卒業式」だけでは無く、「冠婚葬祭」全てに対応出来る「3点セット」や「5点セット」等が用意されている場合も多く、練りに練られて選ばれているだけあって、誰が着ても様になるように出来ている場合が多いです。

もちろん、「冠婚葬祭」や「セレモニー」まで対応出来るように選んでいますので、生地的にも無難な「合物」が選ばれている場合が殆どです。

 

卒業式のスーツの色選び(母編)

冒頭でも説明しましたが、「主張し過ぎない事」「上品さ」「別れへの寂しさ」を演出した方が良いので、「ブラック」「ダークグレー」「ダークネイビー」等のシックな色が定番です。

色では無く「柄」も入れるのであれば、「ツイード(ブラック×ホワイトミックス)」もスタンダードだと言われています。

 

もし、「ブラック」だと「お葬式感」が出過ぎてしまうし、「ダークグレー」だと「無難過ぎる」と感じる場合は、「ダークネイビー」が最適です。

母の卒業式スーツの色で「ダークネイビー」が人気の理由は、「入学式」「学校関連行事」だけでは無く、「顔合わせ」「結婚式」「七五三」等、「葬式」以外では殆ど使える「オールマイティー」さと「オシャレさ」「上品な女性さしさ」等を上手く演出出来るのも魅力です。

 

もちろん、絶対的王道とも言える「ブラック」や「ダークグレー」も素敵だと思います。

迷ってしまう場合は、「ワールド」や「スーツカンパニー」、「マルイ」等の公式サイトでは、「卒園・卒業式用レディーススーツ」等の特集が組まれています。

 

きせまめは、「ワールドオンラインストア」や「スーツカンパニー」「マルイ」等で今季の普段着〜少しお出かけ程度のスーツコーデとかを勉強する事が多いのですが、雑誌等とは違い、直接購入出来るのが魅力です。

 

ちなみに、「ワールドオンラインストア」で「卒園・卒業用レディーススーツ」を探す場合

http://store.world.co.jp/s/sp/ceremony/graduation/

ワールド 卒業式 画像

モデルが良いから何でも「様になる」と言う話は無しです。

 

「スーツカンパニーオンラインストア」を探す場合

http://www.uktsc.com/coordinate/

スーツカンパニー 画像

店舗スタッフさんが日光や店舗照明で撮影していますので、購入して着てみると、「あれ?」と言う軽いガッカリ感は少ないと思いますし、コスパも良くて好きです。

 

「良いには良いけど、高いからな〜」と思う場合は、「楽天」で探すのも良いと思います。

http://ranking.rakuten.co.jp/

楽天 レディース スーツ

ちなみに、画像は、楽天の「アッドリュージュ」さんと言うショップです。

他のショップでも素敵な物が多く、きせまめ的には、全体的に価格を抑えめな商品が多いように感じます。

 

きせまめの感想

きせまめも「ダークネイビー」と「ブラック」、「ダークグレー」のスーツを持っていますが、「ダークネイビー」は、レストランにお呼ばれに行く時や美術館等、様々なシチュエーションで使えるので重宝しています。

その人の価値観にもよると思いますが、シルバーやゴールド、パール系のアクセサリーをしていても馴染み易い気がします。

 

ファッション系ブランドが展開するオンラインストアは、見せ方が凄く綺麗ですし、平置きした時の写真等も有りますので、「家でグダグダしたいけど、服が欲しい」時に助かります。

最近では、「フィッテング可能」な通販サイトも有りますので、驚きです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ