入学祝いのお返しを品物にすると失敗しない?

<スポンサーリンク>
入学祝いのお返しを品物にすると失敗しない?

入学祝いに「お金」では無く「品物」でお返しをする方も増えていて、頂いた方が自分で商品等を選択出来る「商品券」や「カタログギフト」も人気です。

入学祝いに「お金」でお返しするのが間違っている訳では無く、比率的に見ても「品物」でお返しする方と殆ど変わら無いと言われています。

 

入学祝いのお返し選びよりも大切な事は、頂いたお子様本人による「感謝の一言」を頂いた方に対して直接お伝えする事です。

もちろん、遠方で物理的に無理が有るのでしたら、「電話」でも大丈夫だと言われています。

 

お返しに「お金」を選択するデメリット

人によって捉え方は違いますし、地域によっても違いが出て来てしまいますが、「入学する事に対し、お祝いの気持ちを形として伝える」のが「入学祝い」です。

何かと必要な物が多い時期と言う事も有りますので、「お金」を選択するのが定番とされて来ました。

 

言い換えれば、「親としての精一杯の気持ち」や「孫への気遣い」または、年長者としての「威厳」を表現する方法の一つですので、「お金」をお返ししてしまうと言う事は、「親や祖父母へお金を渡す」事ですので、年長者としての「威厳」を損なってしまう可能性が有ります。

実際に、入学祝いを渡す方の年齢が高ければ高い程この傾向は強いと言われており、お返しについても「お金」よりは「品物」である方が喜んで頂けると言われています。

 

傾向が強いと言うだけで、「お金」のお返しは「お金」だと相場が決まっていると言う方も居られますので、残念ながら、そこは臨機応変にいして頂く必要は有ります。

 

品物でお返しする場合のポイント

「お金」では無く「品物」でお返しする場合、「図書カード」「商品券」「実際に品物と交換する事が出来るカタログ」等が人気ですが、それはお返しする相手にとって必要な物である事が前提とされています。

実際に「図書カード」「商品券」「カタログ」等は年齢層によっては、そこまで必要では無い場合も多く、一度も使う事無くどこかにしまわれたままになってしまう場合も多いです。

 

また、お子様やお孫様に対して「図書カード」「商品券」等をそのまま渡される場合も有り、「右から左へ」「堂々巡り」のような状況に陥ってしまいがちです。

「カタログ」に関しては、「カタログ」を眺めただけで終わってしまう場合も有りますので、ただ単に「人気だから」「主流だから」と言う理由で品物を選ぶのは「自己満足」に終わってしまう可能性が有ります。

 

金額に関しては、多くても入学祝いの30%辺りが多く、50%を超えないようにした方が「嫌味」として受け取られる危険性も有りません。

 

お返しの王道的品物について

もし、「お金」には「お金」でお返しするのがマナーと言う訳では無いのでしたら、「石鹸」「サラダ油」「洗濯用洗剤」「保存の効く和菓子」「保存の効く食品」等の「生活必需品」「日用品」「食品」でお返しするのは「当たり障りが無い」ので、定番です。

最近では、「お礼の意味を兼ねての食事会」を開かれる場合が有ります。

 

「生活必需品」「日用品」に関しての注意点は、「肌着」は絶対にお返しに渡すべきでは無いと言われています。

入学式でコサージュをつける場合の失敗防止策」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ