入園式のスーツ選びでママさんが失敗しない為のポイント

<スポンサーリンク>
入園式スーツ若いママが失敗しないポイント

入園式のスーツ選びに関しては、そこまで厳しい園は、実際は少ないと思いますが、若いママさん世代の方は、スーツ選びで迷ってしまうかも知れません。

最近まで赤ちゃんに付きっ切りでしたし、妊娠時に体型が変わってしまった人も多いと思います。

 

きせまめの友人も妊娠中に体型が変わり、働いていた時に着ていたスーツが入らないと嘆いていましたし、余程ストイックで無い限り、年齢を重ねると代謝が落ちますので、何も不思議な事は無いと思います。

特に20歳〜25歳位の年齢で入園式を利用される方は、不安だと思いますし、分からない事、知らない事が沢山有り過ぎて頭がパンクしそうだと言う方も多いと思います。

 

もちろん、年齢が何歳であろうとも、皆同じ「入園児のお子様を持つママさん」ですので、気合を入れ過ぎたり、気落ちする必要は有りません。

殆どの方は当て嵌まらないと思いますが、稀に「自分らしさ」を出してスーツを間違えてしまい、大切なお子様に悲しい思いをしてしまう場合も有ります。

 

特に入園式は殆どの方が「初対面」ですので、園関係者であっても最初から印象が悪いと色々と大変だと思いますし、本当に些細な事が原因であったとしても、イジメに発展してしまう場合が有りますし、きせまめも時々聞きます。正直、面倒な所だと思います。

若いママさん世代の方はファッションセンスが高い方も多く、「若いのにしっかりしている」「流石!」と言う印象を周囲に与える事た方が良いと思いますので、入園式をお子様と一緒に楽しんで頂けると幸いです。

 

若いママさんの入園式でのスーツ選び

最近は「個性」を尊重する時代になって来ていますので、本当に個性的なファッションやスーツ等も販売されていて、何を規準にすれば良いか分からないのが正直な所だと思います。

更に、流行りのスーツは毎年のように変わりますので、あまり流行りを追いかけて奇抜になるよりは、クラシックで落ち着いたスーツを選び、ブラウスやアクセサリー等で「自分らしさ」を出した方が間違いは有りません。

 

もし、卒園式や参観日等への着回しも考えられている場合は、ダーク系のスーツが無難ですが、基本的に入園は明るめ、卒園は暗めにまとめるのが良く、「冠婚葬祭」と同じ意味合いが有る位大切な行事で有る事は、忘れないでおきたいポイントだと思います。

言い方を変えると、企業の面接や葬儀に個性的で奇抜なスーツを着る人は居ないと言うのと同じですし、入園式の主役は大切なお子様ですので、そこまでママさんが個性を出す所では有りませんので、「脇役に徹する」程度のスーツ選びが良く、芸能人のブログ等は、「やり過ぎ」が多いです。

 

もちろん、基本ではありますが、最近では、「入園・卒園兼用」でスーツを購入される方も多く、色合いも絶妙なラインを狙っている商品も有ります。

下の画像が見れると良いのですが、1着のスーツで全ての行事を済ませてしまうと言う方も多いみたいです。

 

入園式 スーツ ママ

 

>>ママさんの入園式向けスーツの詳細はこちら

 

普通のスーツは格好悪い?

基本的にリクルートや仕事着でも通用するようなスーツで入園式に行かれるママは多く、パパさんも同じような感じのスーツを用意されている場合が多いと思います。

普段からオシャレなママさんからすれば、百貨店やショップ等で入園式のスーツを見ると、どうしても物足りなく感じてしまうと言う方も居られるかも知れませんが、あくまで主役はお子さんですので、きせまめ的にもそこまで気合を入れなくても十分だとは思います。

 

確かに、色々な雑誌やホームページの特集等を見ていると、逆に普通の服装が変だと感じてしまうかも知れませんが、「それが目的」ですので、例えそれが周囲の人の意見だったとしても、付き合っていると「キリ」が無いと思います。

 

きせまめの感想

最近は、入園式用だとは思えない位デザイン性に優れたスーツも増えて来ていて、ラインナップやカラーパターンを眺めているだけで楽しくなって来ます。

きせまめ的には、入園式は季節的に「春らしさ」「新しいスタート」「新鮮な気持ち」「希望」等を上手く演出出来るのが理想だと思いますので、ややクラシック寄りのスーツを小物等で上手くまとめると良いと思います。

 

上品さと気品、暖かさが伝わる色使いや雰囲気作りが理想だと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ