紫外線アレルギーの症状と対策、衝撃の原因物質

<スポンサーリンク>
紫外線アレルギーの症状と対策、衝撃の原因物質

「紫外線アレルギー」は「日光アレルギー」とも呼ばれる場合も有りますが、正式名称は「光線過敏(こうせんかびん」と呼ばれ、「日焼け(光毒性光線過敏症)」等も含まれます。

「日焼け」程度でしたら、ケア等を意識すれば問題有りませんが、最近問題視されているのは、「光アレルギー性光線過敏症」と呼ばれる症状です。

 

当記事では、「紫外線アレルギー」の症状と対策について説明させて頂きます。

 

紫外線アレルギーの症状について

問題視されている紫外線アレルギーは、「光アレルギー性光線過敏症」と呼ばれる症状で、「化粧品」「肌ケアグッズ」等が「特定の紫外線」と化学反応を起こしてしまう事によって起きてしまいます。

顔や手、足等、紫外線に直接当たってしまった所に症状が出てしまう傾向が有り、症状として多いのは、「痒み」「湿疹」「腫れ」等です。

 

症状が深刻な場合は、「火傷したような腫れ」「水膨れ」等を起し絵しまう場合も有り、皮膚科等の受診が必要な場合も有ります。

この症例自体は、「化粧品」「肌ケアグッズ」だけでは無く、「食品」を摂取した場合や「汗」によっても起きてしまう場合が有ります。

 

紫外線アレルギーの対策について

対策として一番適切なのは、「日焼け対策」をしっかりとする事で、はっきりとして原因が分からない場合は、これ位しかする事が出来ないのが実際の所です。

「光アレルギー性光線過敏症」を誘発してしまう可能性が有る成分に関して説明させて頂きますが、以下の成分を使用しているからと言って過剰に反応する必要は無く、これらが含まれている商品を使用したからと言って必ず発症すると言う事でも有りません。

 

ただ、先ほど「紫外線アレルギーの症状について」で説明させて頂いたような自覚症状が出た場合は、現在使用されている商品の成分を確認し、使用を中止した後、緩和されないようでしたら、病院に相談した方が良いと言う意味です。

 

◯セイヨウオトギリソウエキス

「オトギリソウ」と記載されている場合も有り、「保湿効果」等を期待して沢山の化粧品に含まれており、「日焼け止め」にも含まれている場合も有ります。

 

◯ソバの葉エキス

食品や化粧品等に含まれており、製造過程で加熱しても変質せず、「pH(ペーハー)」を安定させるとして使用されている事が多いです。

また、冷え性や肩こり、むくみや生活習慣病の予防系の食品等にも使用されています。

 

◯セリ

化粧品に含まれている事は考えにくいですが、和食を中心とした食品に含まれている事が多いと思います。

少し食べた位で紫外線アレルギーを誘発する事は考えにくいですが、自家菜園や畑等で毎日のように大量に消費している場合は、可能性が無いとも言い切れないとは思います。

 

◯ベルガモット

化粧品や肌ケア商品と言うよりは、「アロマオイル」「エッセンシャルオイル」等に使用されている事が多い成分です。

 

◯アワビ

毎日のように摂取する方は少ないと思いますが、アワビも「紫外線アレルギー」を誘発する可能性が有ると指摘されている食材の一つです。

 

◯ドキシサイクリン

殺菌効果が高く、「ニキビケア商品」等に使用される事が多いです。

ニキビ以外にも細菌系の薬等にも含まれます。

 

紫外線アレルギーの検査内容と費用、病院選び」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ