紫外線アレルギーの検査内容と費用、病院選び

<スポンサーリンク>
紫外線アレルギーの検査内容と費用、病院選び

「紫外線アレルギー」には、俗に言う「日焼け」も含まれ、他には「遺伝」「代謝」「肌ケア商品」等が原因の場合が有り、比較的大きな病院であれば、簡単に検査する事も可能です。

特に最近では、粗悪品とも言える肌ケア商品が増えて来ている事、その人自身がストレスや生活習慣の変化等によって皮膚が変化してしまっている事、温暖化や紫外線量等によって、生活環境自体が変化してしまっている事によって、紫外線アレルギーで悩む方が増えて来ているとも言われています。

 

もちろん、現在使用されている肌ケア商品等が特定の紫外線と化学反応を起こしてしまう事によって、肌が炎症を起こしてしまっている場合も有りますので、紫外線アレルギーの症状が出てしまった場合には、可能な限り病院で検査する事が大切だと思います。

当記事では、紫外線アレルギーの「検査はどこで出来るのか?」「検査内容と費用に関して」「治療してくれる病院選び」について説明させて頂きます。

 

紫外線アレルギーの検査はどこで出来る?

紫外線アレルギーの検査は、「光線過敏症検査」もしくは「光線過敏症テスト」が出来る所で受ける事が出来ますが、どの病院でも検査が出来ると言う訳では有りませんので、受診する病院に対して、紫外線アレルギーを検査する事が出来るのかを聞く必要が有ります。

「肌ケア」商品が特定の紫外線と反応してしまっている事が原因である可能性も有りますので、現在使用されている肌ケア商品を持って行き、相談する事も大切です。

 

紫外線アレルギーの検査内容と費用に関して

皮膚がどれ位の紫外線量に対してアレルギー反応が出てしまうのかを検査する事が目的ですので、「紫外線A波(UVA)」「紫外線B波(UVB)」等を皮膚に照射する「パッチテスト」が基本です。

合わせて血液検査をする場合も有り、費用は病院と検査内容、診断書の有無によって異なり、5000円前後と初診料が別途必要な場合が多いです。

 

特に紫外線アレルギーの診断書に関しても、「保健適応外」ですので、内容にもよりますが、費用は病院によって異なります。

ちなみに「紫外線A波(UVA)」は、「シミ」「シワ」「タルミ」等の原因になり易く、肌の奥まで通過してしまう事が多く、室内に居たとしても照射を受けてしまう事が多いです。

 

一方で、「紫外線B波(UVB)」は、「シミ」「日焼け」等の原因になり易く、「紫外線A波(UVA)」と比較すると、肌の奥まで通過する事は無く、皮膚表面に照射を受けてしまう事が多いです。

紫外線アレルギーの原因になり易いのは、「紫外線B波(UVB)」の場合が多く、健康的な肌であったとしても「皮膚の炎症」が起きてしまいます。

 

紫外線アレルギーを治療してくれる病院選び

「光線過敏症」に強い「皮膚科」の医師が居られる場所であれば、小規模の病院でも紫外線アレルギー治療にも対応して頂けると思いますが、大きな大学病院等の方が確実です。

紫外線アレルギーの症状と対策、衝撃の原因物質」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ