空腹時に胃痛が!病気の可能性と対処法に関して

<スポンサーリンク>
空腹時に胃痛が!病気の可能性と対処法に関して

空腹時に胃痛がしてしまう原因は、「疲れ気味の時」や「食べ過ぎ」、「暴飲暴食気味」の場合から、「ガン」等の病気の「シグナル」であったりと、比較的軽度の場合から進行すると命の危険性が有る場合まで有り、原因をしっかりと把握し、必要であれば改善する事が大切です。

当記事では、「空腹時の胃痛の原因と病気の可能性」についてと、「対処法として何が正しいのか?」「薬が有れば大丈夫なのか?」について説明させて頂きます。

 

空腹時の胃痛の原因と病気の可能性

「ストレス」や「生活習慣」から胃の機能自体が低下してしまっている場合、分泌されている「胃酸」が原因で胃痛が出てしまう可能性が有り、「胃酸過多」と呼ばれる状態が重なった事によって起きてしまっていると考えられます。

胃酸濃度が胃の内側にとって濃くなり過ぎてしまい、胃を傷付けている可能性が有り、「胃炎」へと繋がる場合も有ります。

 

普段の食事量自体が多い方や1回の食事で沢山食べた後に「プチ断食」等を行う方に傾向としては多いと言われています。

空腹時だけでは無く、食事中も胃痛を感じてしまう場合は、「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「胃がん」等の前兆または、発症してしまっている可能性もあります。

 

「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「胃がん」共に、進行してしまった場合、常に胃痛を感じてしまうだけでは無く、慢性的に痛むと言われています。

「十二指腸潰瘍」の場合は、空腹時だけでは無く、食後数時間程度経過した時点で再び胃痛がして来る事が多く、心当たりが有る場合は、病院に早い時点で相談した方が良いです。

 

特に「胃がん」の場合は、進行性ですし、重症化してしまうと危険ですので注意が必要です。

 

空腹時の胃痛の対処法は何が正しい?

もし、上記で触れさせて頂いたような病気の可能性が低い場合、単純ですが「空腹時」を作らないように意識する事が大切です。

沢山食べた後に「プチ断食」する事によって胃痛が起きているのでしたら、食事量をそのままにして分ける事が大切で、「胃を小さくしたい」場合は、徐々に減らしていくしか有りませんし、リバウンドが起こる可能性も低く、長期的に見ると効率的です。

 

食事量に問題が無い場合は、「質」にも注目する必要が有り、「野菜」の比率を上げた方が「胃壁の再生」や「健康的な身体作り」が出来るようになります。

「空腹時」を作らないようにすると説明しましたが、何でも良いと言う訳では無く、「炭酸」等のように「胃」に刺激を与えてしまう可能性の有る飲料や「唐辛子」「揚げ物」「繊維質の多い食品」以外の食品を少量食べる事が、空腹時の胃痛の対処法としては良いと言われています。

 

また、胃に何も問題が無く、健康的でしたら、空腹時の胃痛は、「睡眠」も効果的だと言われています。

 

空腹時の胃痛には「薬」が有れば大丈夫?

頭痛・腰痛でも何でもお守りのように「痛み止め」を服用してしまう方も居られますが、空腹時の胃痛には「胃痛薬」を服用する必要が有ります。

ただ、薬は応急処置的な意味で「一時的に胃痛を抑える」ようにしているだけですので、原因を改善出来ている訳では有りませんので、早めの病院受診が必要になります。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ