制汗剤で黄ばみが出る?家庭で簡単に対処出来る

<スポンサーリンク>
制汗剤で黄ばみが出る?家庭で簡単に対処出来る

制汗剤の種類によっては、シャツやインナーに黄ばみが出来てしまう場合も有ります。

「自分の汗が変質してしまった」と勘違いしてしまう方も多く、きせまめもケチって100均みたいな所で「制汗スプレーもどき」を購入し、ブラウスが「どえらい事」になってしまった経験が有ります。

 

結局、薄めの漂白剤に浸けるしか有りませんでした・・・

話は戻り、状況によっては、「黄ばみ」から「茶色」、「黒色」へと変色してしまう場合が有ります。

 

この場合は、「制汗剤によるもの」と「汗の乾燥によるもの」が重なってしまったと考えられます。

合わない制汗スプレーを使用してしまうと、黄ばみが出る場合も有りますので、まずは、休日等に制汗剤の使用を中止し、汗と制汗剤のどちらが原因で黄ばんだのかを知る事を優先させた方が良さそうです。

 

どのような制汗剤は黄ばみが出来る?

色々な種類の制汗剤が存在しますが、「銀イオン」が配合された制汗剤を使用した場合、黄ばみが衣類に出てしまう可能性が高くなると言われています。

殆どの場合は、「使い過ぎ」による物だと言われています。

 

きせまめも有名な銀イオンのスプレーを使用していますが、「黄ばみ」が出た事は有りませんので、「人や状況による」のが正直な所だと思います。

「使い過ぎ」以外には、「日光」「菌・雑菌」「汗・皮脂」によって成分の一部が変質する事が有り、黄ばみとして出てしまうと言われています。

 

脱いですぐに洗濯機にかけてしまえば「菌・雑菌」「汗・皮脂」が原因の場合、ある程度防ぐ事が可能な場合だと言われています。

「日光」が原因の場合は、「部屋干し」によって防ぐ事も可能だと言われています。

 

ただ、ブラウス一枚もしくは数枚の為に洗濯機をかけるのはちょっとね・・・とは、きせまめも思います。

きせまめの場合は、汗をかいた日は、風呂の残り湯やお湯にエマールを少し入れ、ブラウスを浸しておきます。

 

あとは、次の洗濯の日にある程度水気を落としてから洗濯機にかけるだけなのですが、きせまめ的には数年後に差が出るように思います。

 

制汗剤による黄ばみの対処法

使用する限り起きてしまう確立が高い物ですので、制汗剤を使用する場合は、出来る限り高価なシャツやインナーを使用した方が良いと思います。

また、制服や仕事着等、ある程度ローテーションして着る必要が有る物が制汗剤によって黄ばんだ場合は、「漂白剤」「酢」「クエン酸」を使用すると効果的です。

 

「漂白剤」「酢」「クエン酸」を使用する場合は、白いタオルやコットン等で黄ばみが気になる箇所に「ポンポン」と着けて浸透させた方が良く、「熱すぎないお湯」に溶かした方が良く落ち、「漂白剤」を使用する場合は、「マスク」を使用して下さい。

ただ、「漂白剤」の場合は、制汗剤による黄ばみが薄くて目立たない状態の時にのみ有効的で、「濃い黄ばみ」「茶色」「黒色」の場合は落ちにくいです。

 

更に、「漂白剤」は、薄く繊細な生地が多いシャツやインナーをボロボロにしてしまう可能性が有りますし、「酢」「クエン酸」と仕組み自体が異なりますので、そこまで良い対処法とも言い難いです。

「酢」に関しては、100円ショップやスーパー等で販売されている物で十分ですし、「クエン酸」に関しては、薬局や100ショップで販売されている物で十分です。

 

制汗スプレーの害は?非常に恐ろしい結果に」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ