辻堂プールの行き方と駐車場に関する注意点

<スポンサーリンク>
辻堂プールの行き方と駐車場に関する注意点

「辻堂プール」は、6種類のプールが有り、数回行っただけでは堪能する事が出来無いと言う方も多く、毎年楽しみにして行くと言うリピーターが多いことも特徴です。

大人1日830円・子供520円以下で、同じような規模のプールよりは価格が低めに設定されています。

 

更に、7枚綴りの回数券を購入した場合、大人4980円・子供3120円以下ですので、1回分が無料でお得です。

当記事では、辻堂プールの駐車場と行き方について説明させて頂きます。

 

辻堂プールの駐車場に関して

立地上、「辻堂プール」以外の利用者も多く、時間に余裕が有るのでしたら、駐車場の確保は、早いにこした事は有りません。

実際問題、朝7時頃には半分以上「サーファー」で駐車場が埋まっている事はシーズン中は当たり前のように有ります。

 

駐車場の利用に関してですが、非常に残念な事に「西友」「コンビニ」「ショッピングセンター」等を利用する方も居られます。

「自分が逆の立場(買い物客側)」であれば、時期的にどれだけ「迷惑行為」なのかについて、もう一度考えて頂き、楽しく遊びたいですね。

 

◯「東駐車場・西駐車場」

1時間420円・1時間以降30分毎に210円で、営業時間は、朝5時から夕方21時です。

駐車場の利用料金で注意して頂きたい事は、普段であれば「当日」最大1200円に設定されていますが、「辻堂プール」運営期間中は、「夏期」ですので、最大1200円は適応されていない事です。

 

「駐車場料金最大1200円か・・・」と安心していると大変な事になります。

時期的に考えると6時間程度でも軽く2500円は超えてしまいますので、金銭的に余裕が無い方にはオススメ出来ませんし、あまり賢い選択とも言い難いと思います。

 

夏休み中の土日祝日等は「満車」になる事も有り、その場合は、駐車場入口が「閉鎖」されており、更に「駐車場待ち」は禁止されていますので注意が必要です。

 

 

辻堂プールへの行き方

正式名称は「辻堂海浜公園・ジャンボプール」で、神奈川県藤沢市辻堂西海岸3丁目3−2−1に有ります。

 

◯辻堂プールへの車での行き方

「新湘南バイパス藤沢インターチェンジ」を利用してプールへ向かわれる方が大半だと思います。

 

◯辻堂プールへの公共機関での行き方

「JR辻堂駅」の南口へと向い「鵠沼車庫行きバス」を利用し、「辻堂海浜公園前」で降りると目と鼻の先とも言える距離です。

「高砂経由辻堂西海岸行き」のバスを利用し、「辻堂海浜公園入口」からも目と鼻の先です。

 

辻堂プールを割引価格で利用する2つの方法と混雑回避」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ