東武動物公園プールの持ち込みの注意と混雑回避

<スポンサーリンク>
東武動物公園プールの持ち込みの注意と混雑回避

東武動物公園プールへの持ち込み可能アイテムに関しては、「水着」「サンダル」「浮き輪等(有料貸出有)」の身に付けている物から、「シート」「飲食物」「袋」等が定番とされています。

特に無料区画で遊ぶ場合は、「シート」は必ず持ち込みたい所だと思います。

 

「シート」を忘れてしまった場合、地面が非常に熱くなってしまい、座っては居られません。

当記事では、東武動物公園プールへ飲食物を持ち込む場合の注意点と、混雑具合について説明させて頂きます。

 

東武動物公園プールへ持ち込みする場合の注意点

◯飲食物の持ち込み

東武動物公園プールは、常識の範囲内であれば、飲食物の持ち込みは良いとされています。

「お弁当」「菓子・お惣菜パン系」「おやつ」等が人気で、あまりに悪天候の場合は、休憩所も無料で開放されています。

 

屋外プールですので、どうしても飲食物が傷みやすく、普通の弁当を保冷剤で挟む程度では食べる時間が遅くなると危険な状態になってしまいます。

出来れば、小さなクーラーボックスに「氷」もしくは「保冷剤」等を敷き詰め、防水のタッパ等に入れて持ち込みをした方が、衛生的に見ても良いと思います。

 

7月の後半から8月後半までと言う非常に暑い季節ですので、影になる場所には常に人が休んでいる状態ですし、素足で歩くと熱い位です。

また、飲食物を食べる場合は、風向きによっては悪臭で気分が悪くなる方も居られますので、出来るだけ動物園から遠い方が、個人的には良いと思います。

 

東武動物公園プールの混雑回避術

また、有料区画「パラソルシート」「ロイヤルシート」を利用する場合は、「区画」を有料で借りていますので、他の無料区域とは違い、混雑さは感じられません。

東武動物公園プールの「パラソルシート」の価格は3000円で、「パラソル」「テーブル」「イス3脚」「サマーベッド」が用意されています。

 

「ロイヤルシート」の価格は5000円で、「屋根付き」「テーブル」「イス4脚」「サマーベッド2組」が用意されています。

1人〜2人で利用する場合は少し高価に感じてしまう方も居られると思いますが、3人以上で利用すれば「パラソルシート」であれば1人1000円で、辛い混雑さを回避出来ますので、個人的に安いとは思います。

 

「ロイヤルシート」は「特別席」とも言え、東武動物公園プールに24か所しか有りませんので、非常に人気が高い場所です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ