本牧市民プールの駐車場利用時に知りたい事

<スポンサーリンク>
本牧市民プールの駐車場利用時に知りたい事

本牧市民プールに車で行かれる場合、「首藤高速湾岸線・三渓園インターチェンジ」もしくは「本牧埠頭インターチェンジ」を利用され、「国道357号線」から来られると思います。

爽快さと壮大さを誇る5レーンにも及ぶ「直線スライダー」が目玉の一つとされ、横浜や関東近辺でも人気のプールです。

 

折角来ても駐車場が無く、そのまま「とんぼ返り」になってしまう可能性も有る位です。

また、毎年沢山の「迷子」が出てしまう事でも有名ですので、まだまだ小さなお子様が居られる場合は、目立つ服装等で混雑時の迷子沢策を取る必要が有ると思います。

 

当記事では、本牧市民プールの駐車場に関する情報について説明させて頂きます。

 

本牧市民プールの駐車場に関して

「本牧市民プール(横浜市中区本牧元町46−1)の敷地近くに存在する「本牧市民臨海公園駐車場横浜市中区本牧三之谷59−2)」を利用される方が殆どで、1時間200円・以降30分毎に100円が加算されます。

特に夏休み等は、毎年大変混雑しますので、駐車場料金は発生してしまいますが、時間より早く駐車場で駐車スペースを確保しておいた方が良いと思います。

 

土日祝日や連休中でしたら、午前中から駐車場を確保されている方も居られる位ですので、「繁忙期」に利用される予定の方は特に注意が必要です。

本牧市民プール周辺は、緑や広場、グランド等が多く、「横浜市本牧市民公園テニスコート」「横浜市本牧市民公園運動広場」等、スポーツやレジャーに最適な場所とも言えますので、夏休み等はプール以外の方も同駐車場を多く利用されます。

 

駐車場が有る「本牧市民臨海公園」には、トイレや自動販売機、子供の広場や遊具広場、とんぼ池等も有りますので、まだまだ小さなお子様と来られる場合は、少し早めに出発して周辺を散策するのも一つだと思います。

 

もし、家を出る時間の都合上、駐車場を確保出来そうに無い場合は、「横浜市バス・本牧市民公園前停留所」の前後のバス停付近の駐車場を確保するのも一つの方法だと思います。

 

本牧市民プール周辺の有料駐車場に関して 

◯「リビングパーク本牧大里町1」

横浜市中区本牧大里町1−25

 

◯「ショウワパーク本牧元町第2」

横浜市中区本牧三之谷9

 

◯「ショウワパーク本牧三之谷第3」

横浜市中区本牧三之谷12

 

◯「ショウワパーク三渓園前」

横浜市中区本牧三之谷154−1

 

◯「本牧市民公園駐車場」

横浜市中区本牧三之谷59−2

 

◯「リパーク横浜本牧元町」

横浜市中区本牧元町44−18

 

本牧市民プール行きバスの大幅節約術と混雑情報」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ