昭和記念公園イルミネーションの期間と混雑情報

<スポンサーリンク>
昭和記念公園イルミネーションの期間と混雑情報

昭和記念公園のイルミネーションは、関東でも人気が高いイルミネーションの一つで、特に数分で300発前後打ち上がる花火開催期間中は、毎年沢山の人で賑わいます。

入園料は現時点では65歳以上210円・大人410円・子供80円と、規模や美しさの事を考えると非常に良い価格帯だと思います。

 

駐車場に関しても200円程度から利用出来ますので、沢山の方が来られるのも頷けます。

当記事では、昭和記念公園イルミネーションの花火に関する情報と、期間や時間に関する情報、混雑を回避する為の時間帯等について説明させて頂きます。

 

昭和記念公園イルミネーション花火に関して

昭和記念公園イルミネーション花火の開催期間は、例年であれば「クリスマス・イブ」と「クリスマス」の2日間に渡り開催されます。

花火が打ち上がるのは、夜8時頃を予定しており、近年であれば夜8時10分頃でした。

 

昭和記念公園イルミネーションの期間と時間に関して

例年であれば、イルミネーション期間は12月上旬から12月下旬までで、近年であれば5日から27日に渡り開催されていました。

点灯時間に関しては、公式には夜5時からだと言われていますが、その日の日没状況によって前後する事が殆どです。

 

昭和記念公園はイルミネーション期間外の季節は、場所や曜日によって夕方4時半、5時、6時には閉園してしまいます。

ですので、イルミネーション期間中であったとしても、「立川口」の入り口以外からの入園は出来ませんので注意が必要です。

 

「立川口」以外の入り口には、簡易的な「立ち入り禁止」しか有りませんので、残念な事に「くぐり抜け」をされる方も居られるのが実際の所だと思いますが、そんな事で「規制」や「禁止」になるのは悲しい事ですので、「立川口」のみ利用するようにしたい所です。

 

昭和記念公園イルミネーションの混雑時間と回避方法

イルミネーション期間は約1ヶ月近く開催されていますが、花火は2日間しか有りませんので、毎年一番の混雑を見せてくれます。

「花火」開催期間以外に行かれる場合は、金曜夜・土曜日・日曜日・祝日は混雑しますので、可能であれば避けた方が良いと思います。

 

時間に関しては、夕暮れ位から混雑しますので、花火開催期間中の2日間以外は、夜8時前後位から混雑は緩和されていきます。

ですが、昭和記念公園の入場自体は夜8時50分までで、夜9時には閉園しますので、じっくりと見たい方は注意が必要です。

 

ただ、駐車場を利用される場合は、早めに駐車スペースを確保しておいた方が良いと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク> <こちらの記事もどうぞ>

コメントを残す

このページの先頭へ